美肌効果

イソフラボンで乳がんの発生率減少?

畑のお肉とも言われている大豆は、昔から良質なたんぱく源として日本での食卓には欠かすことができない食材でした。
大豆をはじめ、納豆やお豆腐、お味噌やきなこ、などなど、日本人の昔ながらの和食には、大豆製品がたくさん並んでいましたね。
最近この大豆パワーが注目を集めていますが、それは大豆にたくさん含まれていれる大豆イソフラボンの効果のためです。

大豆イソフラボンには、女性ホルモンと非常に似た働きがあることが分かっていて、女性ホルモンのバランスを調えてくれる効果が期待できるのです。
ですから、女性ホルモンのバランスの崩れが原因となった、女性特有のさまざまな症状に効果があることされているのです。
更年期障害http://www.cellblockmail.com/menopause.html
骨粗しょう症http://www.fazztraceteam.com/sokotusyou.html
バストアップhttp://www.coolbeansstore.com/effect.html
美肌http://www.countrywillows.com/face.html
生理不順http://www.bwut.com/deri.html

などに効果があるとされています。

さらにイソフラボンには、乳がんの発生率を減少させる効果があるのではないか、と言われています。
これまでの研究でも味噌汁の摂取量が多いほどに乳がんになりにくい、ことが分かっています。
しかし、他の大豆製品である大豆を始め、豆腐や油揚げ、納豆などと、乳がんの関連ははっきりと見られなかったそうです。

女性ホルモンは乳がんの発生を促進してしまうので、一見、女性ホルモンに似た作用のあるイソフラボンを摂ることは乳がんになりやすくなるのでは、と思いがちですが、実はイソフラボンは、女性ホルモンのバランスを整える作用があるので、多すぎる女性ホルモンを抑制する働きもあるのです。
しかし、いくら味噌汁に乳がん抑制効果が期待されるといっても、味噌汁を大量に摂ることは塩分の大量摂取にもつながるので、今度は塩分のとり過ぎによる高血圧などの他の病気の問題が出てきます。
また研究でも大豆製品と乳がんの関連性については、明確には分かっていないことが多いので、毎日の食生活の中で、バランスよくお味噌汁を始めとする大豆製品を摂ることが、乳がんをはじめとして、さまざまな病気にかかりにくい健康なカラダ作りにつながるのではないでしょうか。

Copyright(C) 2013 女性には欠かせない栄養素 All Rights Reserved.